サタデープラス ドクターが実践してる血管・美肌のいい食材やレシピ

ドクターが日頃から食べてるものって興味ありますね。

いろいろと健康に気を遣った食材を摂っているんでしょうね。

血管と肌を守る食材とは?

夏食材を食べて血管を守る!

血管を守る食材

医学博士の本多京子先生のお宅の冷蔵庫をチェック!

冷蔵庫を見れば、健康状態や将来かかる病気もわかるといいます。

水だし

ペットボトルに昆布や煮干しと水を一緒に一晩おくだけ

うま味が多くなって塩を少なくしても美味しい料理になる

魚は缶詰でとる

旬の魚をすぐに缶詰にしているので、酸化していないEPAやDHAを摂れる

キウイフルーツで血管を守る

高血糖・高血圧・高中性脂肪の改善が期待できる

血管の若さを保つ、カリウム・食物繊維・ビタミンCが豊富

番組ではニュージーランドに取材に行きました。

キウイの産地ですものね。

そこでキウイ農家に行って毎日4個のキウイを食べているひとの血管年齢を調べたところ、驚異の結果がでました。

みなさん実年齢よりも15歳~20歳ほど若い血管年齢にびっくりです。

一番最年長の70歳のかたは血管年齢が39歳と出ました。

そんなに若くできるんですね。(^-^;

キウイの食べ方

牛肉の上にきざんだキウイを乗せて一晩漬け込みます。

普通に生で食べる以外にもキウイをふんだんに使うんですね。

本多先生のおすすめ食べ方

食前にキウイをとると血糖値の上昇を抑えてくれるそうです。

キウイレシピ

フローズンキウイ 

キウイの皮をむいてカットして冷凍庫で凍らせただけ

夏にいいデザートですね。

細かく切って氷替わりにして、炭酸水を注いでキウイスカッシュもおすすめ

キウイダイエット

1日2個のキウイを食前にとって10日間

ウエストが5㎝も細くなったモニターさんがいました。

食物繊維が豊富なキウイは腸内環境を整えて、ウエストがサイズダウンの効果が期待できます。

血管を守る健康法

美チョコラ

肌を守る食材

東京警察病院の形成外科 澤田彰史先生

なんと実年齢より肌が-12歳でした。

冷蔵庫の中に化粧水と保湿クリームが入っていました。

市販のものでも熱に弱いので、冷蔵庫保存したほうがいいそうです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

澤田先生が出している著書

気になります!!

枝豆

食物繊維が豊富で、たんぱく質とビタミンCが一緒にとれる珍しい野菜。

究極の美肌食材だそうです。


美肌の健康法

すっぴん地肌
スポンサーリンク
100円サンプル申し込みはコチラ
オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
100円サンプル申し込みはコチラ
オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸