栃木県の名物いもフライ 秘密のケンミンショー

栃木県といえばぎょうざが名物ですが、今回は違った食べ物の秘密です

いもフライ

串がさしてあるフライです。

県南のほうで良く食べられるみたいですが、街頭インタビューで60歳ぐらいの方に「食べたことありますか?」と伺うと「50年ぐらい前に食べた」とのお返事が。^_^;

両毛地区が盛んに食べられているようです。

佐野市の人が考え出した究極の食べ物みたいですね。

街中では「いもフライ」ののぼりや看板がよくあり、専門店も多いみたいですね。

スーパーでも1日200本ぐらい売れているそうです。

男爵いもを皮ごと50分蒸かしてから皮をむいて、冷蔵庫で一晩寝かせる

芋を八等分のして串にさし、水溶き小麦粉につけパン粉をまぶして油で揚げる

専用のソースも売られているんですね。

【栃木県佐野名物いもフライ用】早川 ミツハ フルーツソース(中濃ソース) 【1.8L】870276

栃木県足利市の鑁阿寺(ばんなじ)の境内では、天ぷら粉をつけてあげたバージョンが主なようです。

県内でも少し違いがあるんですね。

ご家庭では「いもフライ丼」を作って食べるお宅もあるようです。

カツどんのフライの部分が違うんですね。

スポンサーリンク
美チョコラ

すっぴん地肌
スポンサーリンク
100円サンプル申し込みはコチラ
オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
100円サンプル申し込みはコチラ
オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸