澤穂希の絶対負けない心を育てる3つの習慣 世界一受けたい授業

澤穂希さんが世界一になれたのは心を強くする習慣。

苦手なことはやらない

澤さんは、PKが苦手で絶対蹴らないそうそうです。

無理に出来ないことをやるのではなく、得意なことを伸ばすほうがいい。

謙虚こそ最高の先生

自分は周りに支えられている謙虚な気持ちが大事。

世界の選手をみて上には上がいて、いま天狗になってしまっては上にはいけない。と自戒していたそうです。

好きな言葉はやられたらやり返す

試合中にファウルされて倒れてしまったときに、相手の番号がみえなくてだれにやられたか確認できないようなときにでも、チームメイトに誰だったか確認するそうです。

やはりスポーツ選手は負け嫌いでないと出来ませんよね。

長年、誰よりも上手になりたい、あきらめない強い気持ちを持ち続けた24年間のサッカー人生は重みがありますね。

これからは指導者としてその精神を多くのサッカー選手に受け継いでいってもらいたいですね。

すっぴん地肌
スポンサーリンク
100円サンプル申し込みはコチラ
オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
100円サンプル申し込みはコチラ
オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸