ビビット 白熱ライブ 割引率が違うふるさと割が存在する。

今日放送されたビビット白熱ライブを観てびっくり!

ふるさと割って割引率が違ったりするの?

そもそも、「ふるさと割」自体、つい先日知ってなにこれ?状態のメモぶたです。^_^;

「割引」の言葉にぴくっとするじゃないですか!

正直に告白します。

その言葉を見つけたのが楽天で、わたし、わたし、てっきり楽天でやっているサービスなんだと思ってしまいました。

思い込みって恐ろしい。^_^;

そのときに、ふるさと割と謳っている商品は、とくに興味がなかったので「少し割引になる商品があるのね~」で終わってしまってました。

そして、本日テレビを観ていて衝撃が!

各都道府県でやっているアンテナショップでも、ふるさと割があるらしい…

あれ?

そういうことなの?

ふるさと割の仕組みが判りづらい

調べてみたところ、「地域住民生活等緊急支援のための交付金事業」の案件に盛り込まれているひとつの交付金の使いみち…なの?にしかたどり着けませんでした。

2015年に世間を騒がせていた。

地域のプレミアム商品券。

あれもこの事業の一環で始めたことですよね。

要は、国からの交付金を使って、地元還元の商品券を発行したり、名産品の商品券にしたり、その土地へ旅行して使う旅券にしたり。と、その割合は各自治体がどう使うか自由な感じですね。

発行枚数や期間も自由に設定できるようです。

この中で、プレミアム商品券(一時TVでやたら説明してたので)は、知っていました。

その後、旅行券も出たのもTVで情報を流していましたけど、たまたま旅行の予定もないし、この情報は使わないかな~とスルーしていました。

中には、この旅行券ありきで旅程を決めるかたもいらっしゃるようですね。

自治体としては、そういう方にどんどん来ていただいて知ってもらい、リピーターになってくれる方々に期待しているのだと思います。

実際に、足を運んでいただかないと伝わらないことってありますからね。

そして、今回の「ふるさと割」名産品の件。

この情報がぜんぜん入ってこなかったのです。

自分のアンテナの張り具合が変だったのかな?^_^;

どこの自治体も物産に対して30%OFFの設定をしているところが多いようです。

(旅券の場合には半額という設定もあります。)

40%引きのふるさと割が存在する

物産品では30%オフがほとんどのようですが、中には40%オフで購入できるところがあるようです。

ルミネ北千住の特設催事場でやっている「おおさかいいもん旨いもん市」

大阪のおいしいものを一堂に集めた催事です。

都道府県のアンテナショップでも「ふるさと割」が適用になるようですが、催事というのは盲点でしたね。

お近くの方は催事に足を運んでみるのもいいかもしれません。

■1月25日(月)~2月7日(日)
■3階正面入り口脇 駅コンコース

北千住ルミネ

東京都足立区千住旭町42-2

近くにアンテナショップや催事がないという方のために

おおさかいいもん旨いもん市では、楽天でも4割引のふるさと割を実施中。

こちらで購入すると、割り引きと楽天ポイントも付くので、よりお得に購入できますね。

購入前の重要事項として、サイトに行って4割引きのクーポンを取得してからお買い物してください。

取得していないと割り引きにはならないので注意です!

すっぴん地肌
スポンサーリンク
100円サンプル申し込みはコチラ
オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
100円サンプル申し込みはコチラ
オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸